Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リンク更新のお知らせ

Webを維持管理していくこと、情報の鮮度を維持するのはなかなか面倒ですね。今日は、NEC特選街情報NX-StationのisWebからBiglobeへの移転に伴いリンクの修正をしました。過去の記事内のリンクについては修正が追いつきません。

今後、NEC特選街情報NX-Stationダイレクト倶楽部傘下にアーカイブされることになるようです。

新URL
http://www7b.biglobe.ne.jp/~direct1/archive/nx-station/index.html


スポンサーサイト

NEC PC-9801初代発売1982年10月から今年で28年

1982年10月にNEC PC-9800シリーズの初代機として、PC-9801が発売されました。今年で28年です。インテル 8086 5MHzのCPUを搭載、メインメモリ 128KBという仕様でした。純正の周辺機器として、外付8インチFDD (1ユニットに2基のドライブ) 標準価格388,000円、CRTモニター 168,000円、増設RAM 512KB、各種インターフェースボード、プリンターなどが発売されました。一式揃えるには100万円はかかりました。

その後、マイコンブーム、パソコンブームに乗り、PC-9801、PC-9821シリーズはシェア8割とも9割とも言われるほどの人気になり、PC-98アーキテクチャはMS-DOS時代に最盛期を迎えました。
Windows発売後、AT互換機と共通のソフトが使える、日本語の表示の優位性(Windows 95では漢字ROMを使わない)などによって次第にシェアを落としていきました。1998年9月25日に2000万台突破、1997年にAT互換機のPC-988NXシリーズが発売され、併売されていたPC-9821シリーズ最終モデル デスクトップ「PC-9821Ra43」とノート「PC-9821Nr300」も2003年9月30日に受注終了していますので出荷3000万台になることはありませんでした。

国民機といわれるほどのパソコン、日本のコンピュータ史において果たしてきた役割にもかかわらず、その誕生を誰も祝おうとしない様になってしまいました。さびしいものです。

PC-9801/PC-9821シリーズ情報サイト
98Station

Appendix

プロフィール

SENRI

Author:SENRI
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。