Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

RS-232CがないパソコンにRS-232Cポートを増設する

 最近のパソコンにはRS-232Cポート (シリアルポート) がついていないことが多くなってきました。一般の人があまり使わない、筐体サイズの小型化、設置面の省スペース化、コストダウンなどのために削られているようです。

 RS-232Cポートとは、他のコンピューターや周辺機器と接続するためのシリアルポートのことです。Windowsのデバイスマネージャでは、「ポート(COMとLPT)」のカテゴリに「通信ポート(COM1)」というように表示されているヤツです。搭載されていないPCやBIOSでDisable/OFFにしている場合は表示自体ないはずです。
 どうして通信ポート(COM)と呼ばれているかというと、諸説あるようですが、2台のコンピューター同士をシリアルケーブル(クロスタイプ)で接続してファイルやデータをやり取りしたり、モデムなどの通信機器とコミュニケーションを図るためともいわれています。


RS-232Cポートを増設する

 RS-232CがないパソコンにRS-232Cポートを増設するにはどうしたらよいかというと、RS-232Cポートを増設するためのPCIカードやPCカードがありますのでそれを増設する方法が一つ。もう一つは、たいていのパソコンについているUSB(Universal Serial Bus)を変換して使う方法です。変換ケーブルとして数千円で販売されていて、WindowsでもMacOSでも使えるタイプがあるのでお手軽です。

 センサー・計測機器、制御用機器などを接続する場合には精度や接続性の面からPCIカードやPCカードをおススメしますが、個人宅や会社でちょっと使う分にはUSBシリアル変換ケーブルで十分使用できます。

 アナログ電話用のモデムやルーターを接続したり、CISCOなどのネットワーク機器を設定するのに大変便利に使っています。

私が使っているUSBシリアル変換ケーブルはこれです。


USB to シリアルケーブル
UC-SGT
JANコード:4953103133716

USB to シリアルケーブル UC-SGT



標準価格 6,279円[税込](本体価格 5,980円)
メーカー ELECOM / エレコム

RS-232C接続のPDA、モデム、TAなどをUSBで接続可能にするケーブル。

UC-SGT製品仕様

特徴
● RS-232C機器のPDA、モデム、TAなどをUSBで接続可能。
● 変換回路をコネクタ部分にすっきり内蔵。
● スケルトンカラーのパソコンとコーディネイトできるグラファイト。
● ドライバCD添付。

仕様
インターフェイス: USB、RS-232C
コネクタ形状: RS-232Cコネクタ形状:D-Sub9ピン
ケーブル長: 0.5m
対応OS: Windows Vista/XP/Me/98/2000
※Windows Vista は シリアル番号末尾「D」以降にてお使いいただけます。本体コネクタ裏面に記載されているシリアル番号末尾のアルファベットをご確認下さい。※64bitOSには対応しておりません。
電源供給方式: バスパワー供給
認識形態: COMポートとして認識
保証期間: 6ヶ月


UC-SGTドライバ/ファームウェア

UC-SGTマニュアル

OAサプライの紹介&レビュー [特選街情報 NX-Station]
スポンサーサイト

Appendix

プロフィール

Author:SENRI
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。