Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NECパソコン「NEC得選街」と「NECダイレクト」

NECパソコンの販売チャンネルには、法人(企業・官庁)向けの「NEC得選街」と個人向けの「NECダイレクト」の2つがあります。

法人向けには、「NEC得選街」のオンラインショッピングサイトにて、低コストで導入できるように事務用に最低限のスペック・付属ソフトに絞ったパソコンから高性能ワークステーション、サーバ間でラインアップしています。


個人向けには、「NECダイレクト」のメーカー直営ショップにて、デジタルテレビ放送対応チューナー搭載、ゲーム対応のハイスペック機や動画像などの編集にも最適なマルチメディアパソコンが用意されています。

どちらもIntel Core2Duoプロセッサを中心とした構成で、快適なコンピュータ環境を構成する機器を用意しています。


購入直前チェックやクーポン情報探しに便利なキーワード
NECパソコンNECパソコン業務用パソコンNEC特選街NECダイレクトNECパソコン クーポン

スポンサーサイト

EV1938のドライバーファイルを手に入れました

パソコンを使う人が代わるので思い切って、フォーマットして再インストールしようとしたらサウンドドライバとか、チップセットのドライバが見つからなくなって困りました。

特に困ったのが、古いサウンドチップのドライバーでした。

クリエイティブのチップだったのですが、いろいろネット上を探したら、ここでEV1938のドライバファイルが入手できました。


http://www7b.biglobe.ne.jp/~direct1/archive/nx-station/creative_ev1938.html ( トップページは NEC特選街 )

MATEのルーフカバーをあける

パソコン用のDDR-SDRAMが安いですね。一枚で1GBや2GBの大容量のメモリモジュールでもとっても買いやすい値段です。

メーカー製のパソコンにメモリを増設するときに悩むのが、増設する周辺機器やオプションが対応しているかという情報と、買うときの購入先の価格情報、パソコンの開け方といろいろあります。

NEC業務用パソコンMATEシリーズはオンラインマニュアルがPDFファイルで配布されているのでわかりやすいです。

メモリを増設したり、グラフィックカードを追加したり、ハードディスクを交換したりする場合の基本的な作業は、パソコン本体のルーフカバーを開けることから始まります。筐体を開けたら、中身のパソコンパーツを確認します。

増設する場合は開きスロットがあるかどうか、交換する場合は現在接続されているパーツの種類・メーカー・型番(型式)・コネクタの形状、ケーブルの状態などをメモしておきます。

そうして、増設したり、交換したりするパーツを買ってきて、実際の作業をはじめます。

ハードウェア拡張ガイドの目次でいうと下記の項目がとても参考になります。



NEC PC-98NXシリーズ MATE ハードウェア拡張ガイド

周辺機器を利用する

接続できる周辺機器
本体カバー類の開閉
ルーフカバーの開け方
ルーフカバーの閉じ方
ケーブルストッパの取り付け/取り外し
取り付け前の確認
ケーブルとケーブルストッパの取り付け
ケーブルとケーブルストッパの取り外し
増設RAMサブボード(メモリ)の取り外し/取り付け
取り付け前の確認
増設RAMサブボードの取り外し
増設RAMサブボードの取り付け
メモリ容量の確認方法
PCIボードの取り付け
PCIボード取り付け前の確認
PCI-Expressボードの取り付け
PCI-Expressボード取り付け前の確認
AGPボードの取り付け
AGPボード取り付け前の確認
ファイルベイ用機器の取り外し/取り付け
ファイルベイ用機器取り外し/取り付け前の確認
3.5インチベイ(フロッピィディスクドライブ、メモリカードリーダ)
※パソコン本体のタイプによっては、対応してないスロットやボードがありますので使っている機種をよく確認してください。


Mate メイトシリーズ 取扱説明書・マニュアル

探し方:
MATEは発売時期別にマニュアルがあります。
発売年、機種を選んで、「ハードウェア拡張ガイド」を参照します。


PDFマニュアルの公開URL例: http://121ware.com/e-manual/m/nx/ma/200305/pdf/ex20030624/v1/mst/maecomn1.pdf

Appendix

プロフィール

Author:SENRI
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。